美容コラム Beauty column

「ちょい足し」で保湿・保温が大きくアップ!3つのオススメ風呂

お風呂に入ると体が温まって1日の疲れが取れますし、気分のリフレッシュもできて心にも体にも嬉しい大切なひとときですよね。

でも、いつものお風呂にいろんなものを「ちょい足し」するだけでお風呂の保湿・保温効果を大きくアップさせる事ができるのは知っていましたか?

自宅で手軽にできる「ちょい足し風呂」、今回はオススメの材料を3つ紹介していきます。

にんにく風呂

「え!お風呂ににんにく?」と驚かれる方もいるかもしれませんが、この「にんにく風呂」女性に嬉しい効果が盛りだくさん!

まず、ニンニクのスコルジニンという成分が体の血行を良くして細胞を元気にし、体を芯まで温かくしてくれます。血液の流れが良くなることで代謝もアップしますし、冷え性や不眠症の改善、美肌にもとても効果的

またニンニクエキスは入浴剤や化粧品にも使われるほど高い保湿効果があるので、お風呂上がりもしっとり肌を長時間キープすることができます。

ニンニクに入っているアリシンという成分には強い殺菌・抗菌効果があり、風邪の予防にもオススメ。アトピーの方にも効果があるという研究結果もあり、アレルギーでの皮膚トラブルにも効果的です。

作り方は、ニンニクを5?7片切らずにそのままガーゼやストッキングで包み、口を縛ってお風呂に入れればOK! お風呂から上がっても、50分くらいはポカポカの体温を保ってくれます。

みかんの皮風呂

いつもは捨ててしまいがちなみかんの皮は、漢方では薬としても使われる実はスゴイ存在。

みかんの皮にはビタミンCやクエン酸などが多く含まれているので、美肌にもとても効果的! また、みかんの皮から出るリモネンという成分は高い保温効果があり、お風呂上がりにも体温をキープし湯冷めしにくくしてくれます。

作り方は、みかんの皮を適当な小ささにちぎり乾燥させ、ガーゼやストッキングに包み口を縛ってからお風呂に入れます。
注意点は、皮にはワックスや農薬がついていることもあるのでよく水洗いしてから利用すること。
乾燥させるのが面倒な方はレンジで皮の表と裏を2分ずつチンすれば、皮の水分が飛んですぐに使うことができます。

はちみつ風呂

保湿や殺菌・抗菌作用に優れ、高い美容効果のあるはちみつ。

洗顔や化粧品にちょい足ししたりはちみつパックなどにも使用される「はちみつ」がお風呂に入れて悪い訳がありません。

作り方は、お風呂に大さじ2杯?3杯くらいのはちみつを入れるだけで大丈夫。

はちみつにはビタミンやミネラルが豊富でお肌にも嬉しいですし、なにより天然のはちみつは余分な成分が入っていないので安心して使うことができるのも嬉しいですよね。

3つの「お風呂にちょい足し」にオススメの材料を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。毎日のお風呂タイムを楽しく過ごせることは、心身の健康に大きく良い影響を与えます。

保湿・保温効果が大きくアップするこれらの材料を「ちょい足し」して、楽しく健康的な入浴ライフを送って下さいね!
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム