美容コラム Beauty column

【鉱物油を含む化粧品】のデメリットって?

冬にアトピーが悪化するのはどうして?

化粧品をつかう際に成分表をチェックしていますか?
おそらくあまり気にされていない人が多いかと思います。化粧品は食べ物のように体に影響を与えるものなので、正しい知識で選ぶことが大切です

多くの化粧品に含まれている鉱物油、その本当の姿についてご紹介します。

鉱物油とは何か

鉱物油は別名ミネラルオイルとよばれる成分です。
成分表にはワセリンパラフィンと記載されていることもあり、多くの化粧品で多量に使用されています。代表的な商品としては、クレンジングオイルやベビーオイル、乳液等に多く含まれています。そしてその多くは、とてもメジャーな商品で多くの人に愛用されているのです。

そもそも鉱物油とは、石油を蒸留させた時に残ったもので炭化水素の一種です。
以前は多くの不純物を多く含むイメージのあった鉱物油は、シミやくすみの原因となるといわれ避けられていました。しかし、近年では技術向上により不純物の心配は薄れており、多くの化粧品に使われるようになりました。

鉱物油が化粧品に使われている理由とは

なぜ天然油ではなく鉱物油が多く使われているのでしょうか。
一つめの理由は価格です。鉱物油は天然油に比べ安価で手に入れることが可能です。そのため、化粧品の価格を安くしパッケージにお金をかけることができるからです。

「パッケージが気に入り思わず化粧品を買ってしまった」という女性も多いではないでしょうか。鉱物油を使用することで、女性の心をくすぐる低価格、高デザインの化粧品が出来上がるのです

二つめは、すっと伸びてもちが良いことです。化粧品のキャッチコピーに多く見られる特徴を兼ね備えた成分のため、気づかないうちに使用している人も多くいることでしょう。

鉱物油のデメリットとは

価格が安く、すっと伸びてもちが良い鉱物油。では、どこがデメリットなのでしょうか。
それは、肌に浸透しないという点です。
つまり、いくら毎日手入れのために肌につけていても浸透していないため、効果が得にくいということです。

紫外線から受けるダメージを減らしたり、保湿をしたり、くすみやシミをなくすため日々目的にあった化粧品を使って手入れをしていることでしょう。しかし、その化粧品の中に鉱物油が含まれていると、せっかくお手入れしても目的を果たしてくれなくなってしまいます

さらに洗っても落ちにくい、という特徴もあります。そのため、つい洗浄力の強い洗顔料やクレンジングを使用することで肌へダメージが大きくなってしまいます。

肌に影響を与える化粧品だからこそ、出来るだけ鉱物油が使用されていない肌に優しい化粧品を選ぶことをおすすめします。
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム