美容コラム Beauty column

夏より危険?冬は大人ニキビの季節!

大人の女性に年中付き纏う、保湿、乾燥、角質、そしてニキビ。

お肌のトラブルに目が行き易い夏は、化粧水やお肌のケア、朝晩の洗顔以外にもお肌を気にかける時間が多いことでしょう。
ですが、大人ニキビは冬こそ危険な事を知っていますか…?
今回は、冬に多発する大人ニキビについて、また対処法をご紹介します。

治りにくく出来易い、冬ニキビの特徴

秋から冬にかけて出来るニキビの特徴は、角質が固く膿みも濃厚、治りにくく痕が残り易いこと。
乾燥を防ごうと濃い皮脂が角質となり、汗も出ない季節なので日中は肌に気が向かず気づかぬうちにニキビに変わってしまう。冬にニキビが多発してしまう原因はケアが遅れてしまうことも大きな原因の一つと言えるでしょう。
髪の毛の生え際や、見落としがちなUゾーンに集中しやすいのも冬ニキビの特徴です。

乾燥と油分、冬の生活はお肌の敵ばかり

夏は皮脂が沢山出たり、強い日差しによりお肌の表面が荒れてしまいますが、冬のニキビは生活習慣そのものが原因になってしまうことが多いようです。
・暖房で温かいけれど乾燥している室内
・汗をかかないので減ってしまうメイク直し
・寒くなるにつれて温度の上がるシャワーの温度(お肌の適温は38℃程度のぬるま湯)
など、寒さを凌ぐために当たり前に行っている事はお肌の敵ばかり。
肌の水分量が減ってしまうと、肌が硬くなったりシワやたるみが発生しやすくなり、水分を補おうと過剰に油分を出してしまいます
その油分が毛穴につまり、ケアされること無く溜まってしまうので、発見の遅れた白ニキビが出来やすくなってしまうのです。

気にかけるだけで大丈夫、保湿はあなたの味方です!

冬ニキビは、気付きにくく発見が遅れてしまいがちですが、きちんと朝と夜にケアを行えば幾らでも改善する事が出来ます。
すぐに日常に組み込める簡単なケアなので、是非参考にしてみてください!

1日常生活の乾燥を防ぐ
部屋の中で加湿器を付けたり、車の中で暖房を強くし過ぎないなど、簡単な事でもお肌を守ることは出来ます。ハンドクリームを手に塗るように顔に何かをずっと塗ることは不可能ですが、日中は皮脂の分泌をなるべく抑え、出てきた油っぽい皮脂は拭き取る。それだけで十分です。

2夏とは違う、濃厚な保湿を
メイクを落とすとき、お風呂で洗顔をする時、朝起きて洗顔をする時、実は顔を洗った後の数分でどれだけお肌に保湿を留められるかが決まります。化粧水はもちろんのこと、乳液もたっぷりと塗って下さい。化粧水が浸透し、乳液で蓋をする
よく聞く言葉ですが、冬のお肌にはとっても大切な工程です。

3内側から温めるて!直結する体内とお肌
温かいスープを飲んだり、きちんと湯船に浸かったり、体内からお肌を温めることを常に心がけてください。体の冷えはホルモンバランスを崩れさせ、肌機能と免疫機能の低下を招いてしまいます。一番大切なのは体を冷やさないこと。暖房、温かいお風呂も控える訳ではなく、それに合わせて保湿をしっかりと行えばいいのです。

気付かれず、根強く大人の女性を悩ませてきた大人ニキビ。
保湿をするだけであなたは今年から冬ニキビに勝つことが出来るのです。
是非冬のオシャレやお出かけ、美容を楽しむために、冬ニキビに打ち勝って下さい!
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム