美容コラム Beauty column

花粉で肌荒れを起こす人が増えている!?

花粉の時期になるとなんだか肌が荒れてしまう、という人が増えています。なかには湿疹や吹き出物、痒みやヒリヒリといった症状が出る人も少なくありません。
なぜ、花粉で肌荒れが起こってしまうのでしょう。

花粉による肌荒れ対策や、肌が荒れてしまった場合の対処法をご紹介します。

「花粉による肌荒れ」ってどんな症状なの?

冬の乾燥した空気に触れ続けてすっかり乾燥してしまった肌には、春先の花粉の刺激はとても大きなダメージとなってしまいます。この花粉の刺激により、顔や首、皮膚の薄いまぶたなどが赤くなり、湿疹が出るなどのアレルギー症状が出てしまうのです。

花粉の時期に肌荒れに悩まされるという人は、花粉症の人の約7割にも達するといわれています。また、花粉による皮膚炎は、普段花粉症の症状を感じていない人にも起こります
「自分は花粉症じゃないから安心」と思わずに、花粉の飛散が本格的になる前からしっかりと肌をケアすることが大切です。まずは、化粧水などで肌の保水を心がけましょう。肌の乾燥がひどい場合は、数回にわけて少しずつ肌へ水分を与えるのもポイントです。そして、十分に肌が潤ったらクリームでフタをします。

帰宅したらすぐに花粉を洗い流そう!

花粉による肌荒れ防止のため、外から帰ったらすぐに洗顔をして、顔から花粉を落とすようにします。できたら帰宅後すぐにシャワーを浴びるようにすると、体や髪についた花粉も洗い流せるのでより効果的です。

顔はゴシゴシ洗うと肌が傷つき逆効果ですので、たっぷりの泡でやさしく洗いましょう。
また、肌のバリア機能を保つため、お風呂や洗顔の時にはお湯の温度を38度ぐらいのぬるめに設定することもポイントです。
洗顔後は柔らかいタオルで優しく拭き、化粧水やクリームでしっかりと保護しましょう。。

花粉による皮膚炎を防ぐためには「薄化粧」が肝心!

すっぴんでの外出は、お肌の大敵である花粉に丸腰で立ち向かうようなもの。かといって、濃すぎるメイクも肌の負担になってしまいます。

しっかりとベースメイクをした薄化粧で外出すれば、外の空気や花粉、紫外線に直接肌が触れるのを防ぐことができます。また、化粧品は、肌にやさしい低刺激のものを使うのがオススメ。リキッドタイプのベトベトしたメイクには花粉がはりつきやすいので、パウダータイプのものを使ったほうがよいでしょう。

花粉の時期に肌が荒れるという人は年々増えています。
まずは薄化粧や洗顔に気をつけて、顔に花粉を寄せ付けないようにすることが大切です。
肌が荒れてしまった時には優しく丁寧にケアするようにしましょう。
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム