美容コラム Beauty column

水選びで効果的な美容へ! 「水」を選ぶポイント

人の体は6割が水分といわれています。このように人間のからだの中で重要な水は、どのようにして選んでいますか?
もしかしたら、水にそれほどこだわりがないという人も多くいるかもしれません。しかし、体にとって良い水を選ぶことで、美容の役に立ってくれるのです。

硬水と軟水の違い
誰しも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。水には硬水と軟水があります。硬水は、カルシウムとマグネシウムの含有量が多い水をさし、飲み応えを感じる水のことです。北米やヨーロッパの水に多く、日本でもペットボトルで販売されています。

一方軟水は、日本でよく飲まれている水でカルシウムとマグネシウムの含有量が少ないものをさします。日本人には飲みやすく、さっぱりしているのが特徴です。

硬水の特徴

硬水はマグネシウムの含有量が多いため、便秘改善のサポートをしてくれるといわれています。それによってデトックス効果も期待されています。
しかし、お茶やコーヒーなどの風味が出にくいため、硬水の場合はそのままお水として飲むことが好ましいです

軟水の特徴

軟水は硬水と違い、口当たりがまろやかで癖がないです。そのため、とても飲みやすいです。
カルシウムやマグネシウムが少ないですが、お茶やコーヒーなどを飲む際には風味が出やすいため適しています。
さらに軟水は、髪を洗ってもキシキシ感を生まないため美しい髪を保つのに効果的です。

炭酸水の特徴

近年、海外セレブの間でブームとなっている炭酸水です。日本でも、自宅で炭酸水をつくる機械なども販売されており、注目が集まっています。
そんな炭酸水の特徴の一つに血流の促進があげられます。炭酸水が血管に入ることで、血液中の酸素が不足し、血流が増加するといわれています。それによって、むくみや美肌にも効果がみられるようです。
また、整腸作用もあり、便秘やデトックスにも役立ってくれます。

効果的に水分をとるには
睡眠時、私たちは知らず知らずのうちに水分不足になっていることがあります。寝ている間に約500mlの汗をかくといわれています。つまり、朝起きたときには水分が不足している状態になるのです。そのため、寝る前にコップ1杯の水分をとって眠り、朝起きたら再びコップ1杯程度の水分を補給しましょう
また水をたくさん飲めない場合は、野菜や果物で水分を摂取することをオススメします。


水の種類によって、美容面へ働きかけ方が異なります。
それぞれの特徴を把握し、美容に効果的な水の選択をして下さいね。
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム