美容コラム Beauty column

肩こりや薄毛対策にも!?にんにくのもつ健康パワー

にんにくは、疲労回復や風邪の予防、腹痛や怪我の手当てといったことに昔から使われてきました。
そんなにんにくの健康パワーが肩こり薄毛対策にも、力を発揮するという報告もあります。一体どのような方法なのかご紹介しましょう。

肩こりには「にんにく湿布」

にんにくに含まれるアリシンという成分は、神経を落ち着かせるとともに、血液の流れを整えてくれると言われています。

そのため筋肉の緊張や血流の滞りによって引き起こされる肩こりにも、にんにくパワーが期待できるのです。現代ではパソコンを使用したデスクワークや、スマートフォンの普及で肩こりに悩む女性は多くいます。「普段の湿布ではなかなか肩こりが改善されない」とお悩みの方は、ぜひ「にんにく湿布」を試してみて下さい。「にんにく湿布」はお風呂上りに行うのが、一番効果的です。慢性的な肩こりに悩んでいる場合は、積極的ににんにくを食べることもオススメします。
にんにく湿布の作り方は至って簡単です。ガーゼなどにすりおろしたにんにくを塗り、肩のこりが気になる部分に当てます。より成分を吸収しやすくするには、使い捨てカイロなどを湿布の上に乗せて温めるようにしましょう。15分を目安にのせることで、温熱効果が得られます


しかし「匂いがキツイ」「肌が弱い方」は、にんにくと小麦粉を混ぜ合わせる方法をオススメします。このようにすることで、にんにくの持つパワーを少し和らげることができます。

薄毛対策にもにんにくパワー!?

にんにくに含まれるアリシンは血流を整える働きがあることから、薄毛対策としても注目されている食材です

にんにくには、アリシンだけでなくビタミンB6を含むビタミン類ミネラルも含まれています。特にビタミンB群は、細胞の活性化に大きく関わります。
薄毛対策とにんにくパワーとの関係を実験したクリニックもあります。
某クリニックでステロイド軟膏とニンニク抽出液を混ぜたものを、円形脱毛症の患者さん30人の脱毛部に塗る、という実験を行いました。その結果、半年後に約72%の患者さんに変化が見られたとのことです

肩こり対策や薄毛対策としても注目すべきにんにくですが、生食するなら1日3~4片に留めておきましょう。さまざまな有効成分が含まれているにんにくだからこそ、過剰に摂取しすぎると胃が荒れる、血圧を上昇させる、目の充血といったことを引き起こす恐れがあります。


昔から注目されてきたにんにくパワーを上手く生活に取り入れて、健康的な生活の手立てとしましょう!
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム