美容コラム Beauty column

辛い二日酔いを救う「にんにくの力」とは

楽しかったお酒の席を帳消しにしてしまうほど辛いのが、翌日の二日酔いですよね。
そんな二日酔いの解消に、にんにくの成分が力を発揮してくれることをご存知でしょうか?
にんにくは、アルコールの分解と深い繋がりを持っています。

今回は、二日酔いとにんにくの力についてお話します。

二日酔いの原因

二日酔いは、「昨日のお酒が体に残っている状態」のこと。
人はそれぞれ、アルコールを分解できる速度が違います。
それは代謝が大きく関係していて、アルコールをいかに早く代謝できるかがお酒の強い・強いにも関わっているのです。
アルコールは胃と腸で主に吸収され、肝臓で分解が行われます。
肝臓で体にとって無害な物質に変換されてから血液に流れ出し、筋肉や内臓でさらに分解されて最終的には尿やガスとして体外に排出されるという仕組みです。
この変換工程の中でアセトアルデヒドという物質が産出されるのですが、これは毒性が非常に強いのが特徴。
頭痛、吐き気、ダルさなどの原因となるアセトアルデヒドが、上手く分解されず体内に残ってしまうことが二日酔いの原因とされています。

にんにくが二日酔いに効く理由

肝臓がお酒を分解する際に、ビタミンB1という成分が必要になります。
ビタミンB1は「強肝作用」があり、アルコールの代謝を手助けしてくれる重要な成分。
しかし、大量にお酒を呑むとビタミンB1はアルコールの分解に使われ過ぎて、体内で不足してしまうことがあるのです。
ビタミンB1はお酒に含まれる糖質も分解して代謝を促してくれるので、不足してしまうとお酒の悪影響をどんどんと受けてしまいます。
にんにくはこのビタミンB1を含んでおり、摂取することでアルコールの代謝を促してくれることに期待出来ます。
また、ビタミンB1と結合する性質を持っているアリシンという成分が豊富に含まれていて、結合することで腸の吸収率が高いアリチアミンという物質に変化させることができるのです。
アリチアミンは必要量以上に摂取をしても血液中に貯蔵されるので、長期的な効果を期待することができます。
にんにくは、アルコールから内臓を守る強い味方なのです。

効果的な摂取方法

どのような摂取方法をしたらにんにくの力を最大限に引き出すことができるのでしょうか?
効果的な摂取法を紹介しますので、ぜひ参考になさってください。


・食前に
にんにくは食べ物ですので、出来るだけ早めに摂取してアルコールを分解してくれる状態にすることが大切です。
お酒を飲む前やお酒のおつまみとして摂取することをオススメします。
二日酔い中に摂取すると返って胃を荒れさせてしまうことがあるので注意してください。
・肝臓強化食材と一緒に
枝豆、納豆、豚肉などは、ビタミンB1が多く含まれています。
もちろん他にも肝臓や胃を保護、分解を手助けしてくれる食材はさまざまありますが、最初はにんにくと相性のいいビタミンB1を多く含む食材を一緒に摂取することを心掛けてください。
自分の中で合う食材や組み合わせを発見したら、そちらに変更するもの良いでしょう。

・あまり加熱されていない料理
ビタミンB1は水溶性なので、熱に弱く高熱の油などで炒めてしまうと効果が減ってしまうことがあります。
生を丸ごととは言いませんが、すりおろしにんにくなど、調理にプラスするような形で摂取するのが効果的です。


二日酔いは、生活に支障を及ぼす厄介なもの。
にんにくの力を借りて、二日酔いを徹底予防しましょう!
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム