美容コラム Beauty column

美容・美容にダメージ? 不眠症改善が美肌に繋がる理由

布団に入ってもなかなか寝付けない・夜中何度も目が覚める・寝ても疲れが取れないなど、睡眠に関する悩みを抱える人は多くいらっしゃいます。
睡眠不足は健康への悪影響はもちろん、肌の美しさを維持する上でも大きな障害になることがあるのです。

今回は、不眠症改善が美肌に繋がる理由についてお話します。

不健康の原因、不眠症とは

不眠症になる主な原因は、脳の交感神経が活発な状態のまま睡眠に入ってしまうことです。
交感神経が活発に働き、脳が興奮状態にある状態は仕事中や活動する場面では大切な要素ですが、睡眠には良い影響を与えません。
目が冴えて眠れなくなってしまったり、神経が敏感な状態なため何度も目覚めてしまうなどの睡眠トラブルを引き起こすのです。

睡眠不足は睡眠中の成長ホルモンの分泌を妨げ、肌の細胞修復・生成に支障をきたして肌荒れを悪化させてしまいます。
睡眠により肌の再生リズムが乱れればニキビや肌荒れに繋がり、栄養が行き届かなければくすみ・シワなどの老化を招きます。
美肌を育てるためには、副交感神経を優位にして質の良い睡眠をとることが大切なのです。

不眠症改善方法とは?

不眠症は美肌を作る肌機能を低下させてしまうので、肌の健康のためにも改善しなくてはいけません。
美肌を作ることに繋がる不眠症改善法には、以下のような方法が挙げられます。
・体内リズム
不眠症を改善するためにはまず自律神経を安定させ、1日の体内時計周期を整えていくことが大切なポイント。
太陽光には体内時計を調節する働きがあるので、毎朝同じ時間に起床し太陽の光を浴びて体のリズムを整えていきましょう。

・適度な運動
運動を日常に取り入れ、適度な疲労感を得ることも睡眠の質を高める効果的な方法です。
睡眠前の激しすぎる運動は交感神経を刺激してしまうので、ストレッチやウォーキングなどの緩やかな有酸素運動を行うようにして下さい。

・体を温める
副交感神経を優位にするためには、体を温めることも効果的です。
体を温め血行が良くなると副交感神経が働きやすくなり、リラックスした状態で眠りにつくことが出来ます。

また、毎日の食事は基礎体温と大きな関わりを持ちます。
身体を温め睡眠の質を高めるためにオススメしたいのが、にんにくです。
にんにくは代謝を上げるカプサイシン、神経的疲労を取り除き精神を安定させるビタミンB1や自律神経を整えるカルシウムが豊富に含まれているため、基礎体温をあげてくれるでしょう。

またにんにくに含まれるアリシンという成分はビタミンB1の吸収を助ける働きがあるため、ビタミンB1が多く含まれている豚肉やうなぎ・玄米などと一緒にとるとより効果的です。


不眠症はストレスによる一過性である場合も多いですが、眠れない生活が長く続くと慢性化する可能性があります。
改善方法を取り入れ睡眠を見直すことは、健康のみならず美肌を目指す上でも必要不可欠な要素です。
より良い睡眠で、美肌作りを始めていきましょう!
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム