美容コラム Beauty column

秋に残さない! 夏の肌疲れをリセットする入浴法

山や海にとレジャーが楽しい夏ですが、強い紫外線や室内のエアコン・冷たい食べ物による内臓の冷えなど、実は身体はもちろんお肌も疲れてしまいがちな季節だとご存知でしたか?
夏の疲労が肌に残っていると、くすみやターンオーバーの乱れを引き起こし、秋以降に肌荒れが進行してしまうことがあります。

今回は、肌疲れの原因と改善するための入浴法を紹介します。

夏の疲れと、肌トラブルの関係とは

夏の終わりに、肌のくすみや老いを感じたことはありませんか?
夏は紫外線による日焼けや、エアコンによる乾燥などで肌の機能が低下したり、血流が悪くなる季節でもあります。
蓄積されていく肌ダメージを放っておくと、夏の終わりには肌色が1トーン暗くくすんでしまったり、シミやシワが増えるなどの夏老けの原因を引き起こしてしまいます。

また、夏の疲れで注目したいのは身体の冷え。
気温が高い夏ですが、冷たい物を飲食する機会が増えるため内臓は冷え血行も悪化しやすくなります。
冷えにより内臓の働きが鈍くなると、食欲不振・睡眠障害・倦怠感などの「夏バテ症状」が引き起こされるため、肌の状態も悪化しやすくなるのです。
肌疲れは本人の気づかぬうちに蓄積し、秋になってからくすみ・シミ・シワなどと症状が現れてから気づくことが多いのが特徴。
前もってケアをしておかないと、秋・冬の肌のコンディションにまで影響を及ぼすのです。

お風呂で改善! 肌疲れ対策方法

肌疲れを改善するために一番適した方法は、血流の良くなるお風呂でのケアです。
夏の疲れをリセットし秋にダメージを残さないために、夏疲労ケア効果のある「入浴法」を行って血行を回復させ健康と美肌をキープしていきましょう。
・疲れを取りたい時
疲れを取りシャキッとしたい時には、熱めのお湯にサッと浸かる入浴法がオススメ。
42℃前後のお風呂に入ることで交感神経が刺激され、気分をスッキリさせることができます。
交感神経が活発になり頭が冴えてしまうため、入眠前の入浴には適しません。
休日を利用して、朝や夕方に行うようにしましょう。

・暑さで寝付けない時
不眠が続いている時は、40℃以下のぬるめのお風呂に20~30分程度浸かり、ゆっくりリラックスして血行を改善しましょう。

就寝の1~2時間ほど前に入浴すると副交感神経を優位にする働きがあるため、気分が落ち着き質の高い睡眠を得る効果が期待できます。
アロマの入った入浴剤やヒーリングミュージックなどを取り入れ、心身をリラックスさせましょう。

・冷えを解消し内臓機能をアップ
内臓の冷えが気になる場合には、37℃程度のぬるいお風呂に長めに入る入浴法で身体を芯から温めましょう。
ぬるめのお湯で半身浴もデトックスになるので、血流の滞りやすい夏にオススメの入浴法です。

・日焼けや乾燥のダメージをケアしたい時
40℃以下のぬるめのお湯に、保湿などのスキンケア成分が配合された入浴剤を利用して15分程度つかりましょう。
ミネラルオイルやスクワラン・セラミド・米胚芽油・天然クレイなどが配合された物がオススメです。
入浴後にもスキンケアをしっかり行い、十分に睡眠をとりましょう。


気温が暑いとついつい入浴を面倒に感じてしまいますが、暑い夏だからこそしっかり湯船に浸かり夏の疲労を回復しましょう。
夏に合った入浴法で、肌疲れを残さない秋を迎えて下さい。
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム