美容コラム Beauty column

健康や美容に役立つ!代謝を上げる水分の摂り方とは

老廃物や脂肪を溜めこまないためには、普段から代謝を良くしておく必要があります。
そこで重要な役割をするのが、私たちが毎日摂取する水分です。
代謝をアップさせる水分の摂取方法や、余計な水分を溜めこまない方法についてご紹介します!

代謝を促す水分の摂取方法

≪朝起きてすぐ≫
就寝中はたくさんの汗をかき、身体の水分量が極限にまで減っています。
朝起きてすぐに水を飲み、血液中や細胞内の水分不足を解消させましょう。
また、胃腸に刺激を与えるため、排便効果も期待できます。

≪食事の30分前≫
食前の水は胃腸の動きを活発にして、食事で摂る栄養の吸収を高めてくれます。
≪運動前後≫
運動前に水を飲んでおくことで、運動中の代謝を上げることができます。
運動後は汗で流れた水分を補い、身体の回復に役立てましょう。

≪入浴前後≫
こちらも運動前後の水分補給と同様の効果が得られます。
入浴中はたくさんの汗をかくので、入浴前にしっかり補給しておきましょう。

≪就寝前≫
就寝中は約500ml~1Lの汗をかくと言われています。
あらかじめ水分を補って、水分不足によるドロドロ血を防ぎましょう。

水分の摂取量・注意点

成人の女性であれば、1日1.5~2Lを目安に摂取しましょう。
しかし、一気にたくさんの水分を摂ってしまうと、低ナトリウム血症という病気に繋がる恐れがあります。
上述したようなタイミングで、少量ずつこまめに摂取しましょう
「のどが渇いた」と思った瞬間には、身体はすでに相当な水分不足となっています。
のどが渇く前に水分補給をすることが大切です。

水分代謝を高める方法

たっぷり摂った水分も、身体に残ってしまうと水毒となり、むくみや思わぬ肌トラブルを招いてしまいます。
余計な水分を排出するため、身体の巡りを良くして「水分代謝」を高めておきましょう。

≪半身浴≫
身体を温めることで血の巡りが良くなり、水分の排出が促進されます
夏はクーラーや冷たい飲食などで、身体が意外と冷えています。
湯船につかって全身を温め、水分代謝を高めましょう。

≪適度な運動≫
軽めの運動で汗をかくと、肝臓の働きを助けて水分の巡りが良くなります
ウォーキングなど、じんわりと汗をかく運動がおすすめです。

≪リンパマッサージ≫
リンパに沿ってマッサージをすることで、老廃物と水分の排出を高めることができます
脚であれば、下から上へ撫で上げるようにマッサージして、最後に脚の付け根をプッシュしましょう。
血行改善やむくみ解消にも効果的ですよ。

私たちの体は多くが水分でできています。
ですので、美しい体を守るためにも、今回の記事を参考に、水分の摂取法や排出を見直してみてはいかがでしょうか。
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム