美容コラム Beauty column

秋冬には特にオススメ!「にんたまジャム」の効果とは!?

最近話題を集めている、にんにくと玉ねぎで作る「にんたまジャム」
料理研究家の村上祥子さんが考案した「にんたまジャム」のさまざまな健康・美容効果と、オススメの作り方を紹介していきます。

美容・健康に効果的! にんたまジャムの効果とは?

にんにくと玉ねぎはどちらも美容・健康に効果のある食材です。

にんにくには「アリイン」という成分が含まれており、切ったり摩り下ろすことで「アリシン」という有効物質に変化し、非常に強い抗菌・殺菌能力を持ちます。
美容面ではアリシンは、ビタミンB1と結合することで「アリチアミン」という物質に変化し、美肌作りに欠かせないビタミンB1の吸収率を高めます。
また、にんにくには新陳代謝を促進させる「ノルアドレナリン」という成分も存在しているため、ダイエットにも効果的です。


一方、玉ねぎは免疫力を調節する「ケルセチン」というポリフェノールが豊富に含まれています。
このケルセチンは腸内の脂肪を固めて排泄を促す作用があるため、高いデトックス効果が期待できるもの。
ケルセチンは活性酸素を抑制する効果もあるため、にんにくと合わせて使用することでエイジングケア効果をダブルで実感することができます。

また玉ねぎの辛み成分である「硫黄化化合物」は中性脂肪・悪玉コレステロールを低下させる作用があり、血液をサラサラにして血行を促進する効果も期待できます。
玉ねぎに含まれる「グルタチオン」は、シミやくすみを防ぎ美肌をサポートする成分。
夏の紫外線ダメージが残る秋や、乾燥肌に傾きやすい冬のお肌にも大変効果的です。

レンジでOK!にんたまジャムの作り方

にんたまジャムの作り方はとっても簡単!
フライパンを使わなくても作れるため洗い物も少なく、にんにくや玉ねぎの匂いもほとんどありません。

■材料(大さじ25杯分)

たまねぎ……大2個(500g)
にんにく……1個(100g)
レモンの絞り汁……大さじ2(30g)
砂糖(はちみつでもOK)……60g
水……100ml

■作り方
1、にんにくと玉ねぎの皮を剥き、玉ねぎは4等分に切る。
2、耐熱ボウルに1を入れて水を注ぎ、両端を開けてラップをし電子レンジ(600W)で14分加熱する。
3.タマネギが柔らかくなったら汁も一緒にミキサーに移し、砂糖とレモン汁を加えてなめらかになるまで回す。
4、再び耐熱ボウルに移しラップをせずに電子レンジ(600W)で8分加熱する。
5、熱いうちに乾燥したガラス瓶に移し蓋をしたら完成。

常温で3~4日くらい持ち、冷蔵なら1ヶ月程度持つとのこと。冷凍なら2ヶ月の保存が可能なので、多めに作り小分けに冷凍しておくのもオススメです。


1日2スプーンを目安に取り入れていきたい「にんたまジャム」。
紅茶やヨーグルトに砂糖替わりに入れても良いですし、お料理の隠し味やお米1合につき大さじ1杯のにんたまジャムを入れ炊飯するのも◎

手軽にでき様々な健康効果が満載の「にんたまジャム」、これからの秋や冬を元気に乗り切るためにぜひお試しくださいね。
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム