美容コラム Beauty column

肌荒れの原因!? 老廃物が身体に及ぼす影響とは?

年齢を重ねると、体の新陳代謝能力が落ちてきてしまい、老廃物を上手く排出することができなくなってきます。
また仕事に追われてしまうことで、体を動かす機会が減り、新陳代謝の低下に拍車をかけてしまうのです。
この結果、体に老廃物が溜まりやすくなります。一体、体から排出されない老廃物は身体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

「老廃物」が体に及ぼす影響

新陳代謝が正常に働いていると、皮膚や腸内に溜まるガス、食物を消化するときに残ってしまった有害物質などは、排尿・排便、汗などによって体外へと排出されていきます。

しかし、新陳代謝が低下するとこの排出能力が低下してしまいます。
その結果、腸内環境が悪化し、便秘や肌荒れなどが起こりやすくなります。
同時に体内の老廃物がうまく排出されないことで、血流が悪くなり、むくみを引き起こす原因となります。

新陳代謝を上げる方法「足のマッサージ」&「入浴」

新陳代謝は年齢と共に低下していきます。
この新陳代謝はどのようにすれば、正常な状態へと近づけることができるのでしょうか。

まずは足のマッサージを行い、血流を良くすることが大切です。
足でも特にふくらはぎをマッサージし血流改善することで、新陳代謝の正常化が期待できます。足は「第二の心臓」とも言われているので、ぜひオススメします。

血流の改善には、入浴も効果的です。シャワーばかり浴びていると、汗をかく能力が低下してしまい、老廃物を体外へ出すことが難しくなってしまいます。
シャワー派の人は、少しずつ湯船に浸かる習慣を取り入れるようにしてください。

腸内環境を整えよう!

腸内環境を整えるとは、善玉菌の数を増やすことです。善玉菌を増やす方法はいろいろあります。
例えば、乳酸菌をとること。乳酸菌は善玉菌の活動を支える効果もありますし、種類によっては免疫力を高めてくれるものもあります。
免疫力が高まると、肌荒れの改善に効果が期待できます。
なぜなら肌荒れの原因は、肌の乾燥と、乾燥により異物が侵入しやすくなるからです。免疫力が向上すると、この異物をキチンと排除できるようになります。
人間の免疫細胞の半分以上は腸内に存在しており、異物の侵入排除の指令を出す細胞も腸に集中しています。
これらの働きを助けるのが乳酸菌なので、意識的に摂りいれるようにしてください。

また、食物繊維も善玉菌が活動するために欠かすことができません。
食物繊維によって善玉菌が活性化すると、当然ながら悪玉菌が減少し腸内環境が正常な状態へと傾きます。


このように肌荒れは、生活習慣の中で改善していくことができます。
しっかりと汗をかくようにする、腸内環境を整える食材を摂る、スキンケアの基本を守る、といったことがポイントです。
紹介したポイントを意識しながら生活習慣を見直して、免疫力を低下させない習慣を作っていきましょう。
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム