美容コラム Beauty column

シートマスクの浸透効果を上げる「7つのテクニック」

顔に乗せるだけで肌に潤いやハリを与えてくれる、シートマスク。
でも、使い方次第でシートマスクの効果をもっとアップできるって知っていましたか?
シートマスクの効果を最大限に活かせる、マル秘テクニックを7つご紹介します!

7つのマル秘テクニック

テクニック1.入浴後に使う
お風呂に入ると肌の新陳代謝が高まり、シートマスクに含まれている美容成分をより吸収しやすい状態になります。
入浴できない場合は、蒸しタオルで肌を温めてから使うだけでもOKです。
肌への浸透率が高まり、シートマスクの効果が倍増しますよ。
ただし、必ずクレンジングや洗顔を済ませておいてくださいね。

テクニック2.化粧水をつけてから
シートマスクは水分がたっぷり含まれているように感じますが、主な成分は美容液とほぼ同じ。そのため、化粧水で肌に水分を補ってからシートマスクを使いましょう。

テクニック3.美白美容液を塗ってから
シミやくすみが気になる部分には、シートマスクを乗せる前に美白美容液を塗りましょう。
美容成分が浸透して、Wの効果を得ることができますよ。

テクニック4.ラップを重ねる
シートマスクの上からラップを重ねることで、水分の蒸発による乾燥を防ぐことができます。
目と鼻と口の部分をハサミで切り取り、マスクの上に重ねてくださいね。
テクニック5.パック時間を守る
シートマスクをする時間は、長ければ長いほど良いというわけではありません。
指定の時間を守らないとかえって肌に負担を与えてしまうので、10~15分程度を目安に使用しましょう。
また、シートマスクを毎日使っていると肌が慣れてしまうため、週に1~2回の利用がおすすめです。
テクニック6.美容液でマッサージ
シートマスクを終えたら、マスクに残った美容液を絞り、それを使ってマッサージをしましょう。
顔の内側から外側へと指をすべらせ、耳の下へ老廃物を流すように行うのがポイントです。
最後は首や鎖骨にも美容液をなじませて、保湿をしながらリンパの流れを促進してあげましょう。
むくみを解消したり、肌のハリをアップさせる効果が期待できますよ。

テクニック7.クリームや乳液でフタをする
最後はフタとなるクリームや乳液を塗って完了です。
塗らずに放置すると、せっかく肌に与えた水分や美容成分が蒸発してしまいます。
それによって乾燥を招いてしまうので、必ず忘れないようにしましょう。

「これやっていなかった!」というテクニックがあったら、ぜひ取り入れてシートマスクの効果を最大限に発揮させてみてくださいね。
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム