美容コラム Beauty column

化粧品を長持ちさせる「保存方法」と「使い方」 

素肌に毎日つける化粧品はできるだけ添加物の少ないものや、無添加の製品を選びたいという意見も多いのではないでしょうか。
ただ原材料や使い心地などは購入する際には慎重に選びますが、保存方法や長持ちさせる使い方についてはあまり気にしていない方も多いです。
また、「雑菌の繁殖を防ぐことができるのではないか」と、なんでも冷蔵庫に入れている方も少なくありません。
化粧品を長持ちさせるには、どのような保存方法や使い方が正しいのでしょうか。

必ずしも「冷蔵庫=保存庫」ではありません

無添加の化粧品など、防腐剤の配合されていない化粧品には開封後は冷蔵庫で保管するように明記されているものもありますので指示に従いましょう。

それ以外の化粧品については常温で保管した方が良いでしょう。
化粧水の中の美容成分が、冷やされることで結晶化してしまうことがあります。そのまま肌につけると傷つけてしまうことがあるので、冷蔵庫に入れて濁ってしまったら常温において元の状態になってから使います。
一方でお風呂上りのほてった肌にひんやりとした化粧水やパックをのせると毛穴が引き締まるような気もしますが、冷やすことで血行が悪くなり逆効果になることもあります。

さらに乳液やリキッドファンデーションなどは、常温では水分と油分が混ざり乳化されている状態が保たれていますが、冷やすことで分離しやすくなってしまう恐れがあるので注意しましょう。

常温保存で温度変化を少なく

ほとんどの化粧品は常温保存が適しています。急激な温度変化で溶けたり結露を起こすなどを繰り返すことで、劣化が進んでしまうので注意しましょう。
常温とは5度から35度の範囲を指すため、車の中や直射日光の当たる窓際などに置きっぱなしにしないようにします。
また、湿度の高いところも化粧品に余分な水分が混ざったり、雑菌が繁殖しやすくなる可能性があるので、お風呂や洗面所などを保管場所にするのは不向きです。

真夏などの外出時など、どうしても室温のコントロールが難しい時は、箱や新聞紙で包み急激に温度が伝わらないようにしてから野菜室で保管すると良いでしょう。
一般的に冷蔵庫は2度~5度くらいですが、野菜室は5度~7度くらいと少し高めに設定されています。
ただし、野菜には土や菌などの汚れが残っていることがあるので、入れる時は衛生面での配慮をする必要があります。


開封後の化粧品の劣化を防ぐ使い方
・化粧水や乳液は振り出すようにして、直接容器が手に触れないようにする
・クリームやジェルは指を使わずにスパチュラやヘラでとるようにする
・スポンジやパフはこまめに洗う、早めに交換するようにする
・ブラシ類は根元に汚れが溜まらないように、こまめに洗い十分に乾燥させる

肌への栄養成分の高い化粧品は雑菌の栄養にもなるので、手や空気になるべく触れないようにすることが大切です。なぜなら、肌のために必要な常在菌であっても、繁殖しすぎることでバランスを崩してトラブルを引き起こす恐れがあるからです。

まずはお手元の化粧品の注意書きをよく読み、保存方法を確認してください。
そして雑菌が入りにくい衛生的な使い方を心がけることが大切です。
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム