美容コラム Beauty column

バレンタインでキレイになる? チョコの美容効果とは

バレンタインのチョコレートを準備しましたか?
店頭には色とりどりのチョコレートが並び、義理チョコや友チョコに加えてついつい自分へのご褒美チョコも買ってしまうこともあるのではないでしょうか。
一年の中で最もチョコを食べてしまうこの季節、ニキビや体重の増加が気になるところ。
でも、チョコレートには美肌効果があることをご存知ですか?
我慢せずに美味しく食べてキレイになっちゃいましょう。

チョコレートで美肌になる

実は、チョコレートの原料であるカカオに、美容や健康に良い成分が豊富に含まれているのです。
・ポリフェノール
活性酸素を除去する効果があり、シミやシワ、たるみ、くすみ、乾燥肌などの年齢肌のお悩みの改善に効果的です。
・テオブロミン
血流の改善を促し、冷え、肩こりむくみを改善します。さらに脳への刺激を行ない、リラックス効果の高いセロトニンの分泌を促すことでストレスを解消し、リラックス効果が得られます。
・食物繊維
不溶性食物繊維が含まれているため、腸内環境が良くなり便秘を解消することで肌荒れの改善に繋がります。
・カカオバター
中性脂肪やコレステロールを減らす効果があるので、ダイエットにもなります。
・ミネラル
カリウム・亜鉛・鉄など女性に不足しがちな栄養素を摂取することができます。
・ビタミン
ビタミンC・ビタミンB・βカロテンなど美白・美肌に有効な成分です。水溶性と脂溶性のビタミンCの両方が含有されています。

これだけの成分が含まれているチョコレート、美肌のためにバレンタインデーだけでなく毎日食べたい食品といえるでしょう。

美肌のためのチョコレートの選び方

「チョコレートを食べるとニキビができる」と思われがちですが、その原因はチョコレートの主成分のカカオではなくミルクチョコレートに含まれる油脂や砂糖、乳製品によるものです。
美肌を目指すのならカカオ分の高いビターチョコレートを選びましょう。カカオ分が高いほど効果が好ましいのですが、苦くて食べづらいかもしれません。甘さも程よくあるカカオ70%くらいから始めると食べやすいのではないでしょうか。

チョコレートの成分が血液中に残るのは2時間程度と言われていますので、1日50g、板チョコなら半分程度を目安にして、小分けにして食べると効果的です。
美肌にも健康にも効果的なチョコレートですが、もちろん食べ過ぎには注意してくださいね。
チョコレートを適度に食べて、美肌を目指しましょう!
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム