美容コラム Beauty column

唾液中の成分「パロチン」が、美しさに磨きをかける!?

私たちが物を食べる時に口の中で分泌されるもの、そう「唾液」です。
実はこの唾液のなかに、美容に関するホルモンが含まれていることをご存知でしょうか?
唾液と聞くと、食べ物を消化する働きを思い浮かべがちですが、成長ホルモンの一種である「パロチン」が分泌されることによって、美容効果まで期待出来るのです!
別名「若返りホルモン」と言われるパロチン、一体どういうものなのか早速見ていきましょう!

パロチンとはどのようなもの?

パロチンは唾液に含まれる成長ホルモンであり、パロチンがたくさん分泌されることによって歯や骨の再石灰化を助け、毛髪や粘膜などの発育を盛んにし、肌の新陳代謝を促します。さらに壊れた組織を修復する効果もあり、白内障や更年期障害の薬としても使われています。また、唾液とともに飲み込まれることで、胃や腸の消化を促進させます。
このようにパロチンには美容に関する大きな力が秘められています。それを証明するかのように、若返りの健康食品として有名なローヤルゼリーにも、パロチンに似た成分が含まれています。
私たちの体にとって良いことづくしのパロチン、なんとかして多く分泌したいですよね。

どのようにすればパロチンが分泌される?

パロチンは20代半ばまでは多く分泌されますが、年齢を重ねるにつれて減少していきます。
そこで、パロチンを分泌する方法としてオススメしたいのが、食べ物をよく噛んで食べることです。「そんなこと?」と拍子抜けしてしまうほど単純な方法ですが、大切なことです。 
パロチンを分泌させるためには、ひと口につき30回を目安に噛むようにしましょう。片側だけの歯で噛むと、顔のバランスが崩れてしまうので両方の歯を使って噛むようにしましょう。
ガムを噛むことも、パロチンを分泌させる点で効果的です。さらにガムを噛むことで、小腹がすいた時に余分なカロリーを摂ることを避けられます。また、イライラしている時にガムを噛めば、気持ちを落ち着かせることが出来ます。
このようにガムを噛む、食べる際によく噛むことで、顔の筋肉が鍛えられるという効果も得られます。顔の筋肉が鍛えられると、二重アゴやたるみの予防にもなります。
顔の筋肉の7割以上は口の周辺にあるというので、ぜひ美容のためにも消化のためにもよく噛んで下さいね!

マッサージによってパロチンを分泌させよう!

もうひとつパロチンを分泌する方法としては、耳下腺(じかせん)と呼ばれる場所をマッサージすることです。
奥歯を噛みしめてしまう、歯ぎしりをする、歯をくいしばるなどのクセがある人は耳下腺の筋肉が緊張状態になり、パロチンが含まれる唾液が耳下腺から分泌されにくいといいます。そこで緊張状態にある耳下腺をマッサージしてほぐしましょう!
耳下腺は、耳たぶと頬骨の間にあります。そこでマッサージの際は、上の奥歯周辺を親指以外の指で10回を目安に、丸をかくようにマッサージしましょう。

私たちの体内で作られるパロチンを美容のために有効活用しない方法はありません! お金をかけずに美容効果が得られるパロチン、ぜひたくさん分泌させて美容に役立てて下さいね!
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム