美容コラム Beauty column

スキンケア用品選びでチェックすべきは【肌への浸透性】!

スキンケア用品やコスメに含まれている鉱物油を知っていますか?

おそらく知らず知らずのうちに使用している方が多いと思われます。
多くのスキンケア用品などに含まれている鉱物油が「肌に膜を作ってしまうことで、有効成分を肌の内側まで浸透しにくくさせている」
ことについてお伝えしましょう。

鉱物油とはどのようなもの?

鉱物油は、石油カスを原料として合成または精製された成分です。スキンケア用品やコスメに配合されると、ミネラルオイルワセリン流動パラフィンパラフィンという名前になります。
もちろん脱色処理などを行うことで無色無臭となるため、私たちの石油というイメージとはほど遠いものになっています。

多くのスキンケア用品やコスメなどに配合されている理由には、とても安く作れること、供給が楽ということがあげられます。またスキンケア用品やコスメなどに配合することで、伸びを出すことができます。

鉱物油という名前で表記されていれば「なんだか肌に悪そう…」などと気にとめる方もいるかもしれませんが、ミネラルオイルなどの名前になると肌に良さそうなイメージを抱いてしまいます。
しかし、私たちが想像しがちなカルシウムやカリウム、マグネシウムやリンなどのミネラルとは全く別物になるので注意してくださいね。

肌に浸透しないと、成分が届かない!

鉱物油は肌の表面に膜を作る働きがあります。そのために、スキンケア用品などに鉱物油が配合されている場合、どんなに優れた有効成分が入っていても肌の内側まで成分が届きにくくなります。
そのため一生懸命スキンケアを行ったとしてもその有効成分が届いていなかったら、シミやシワの改善も難しいという状態に…。

また肌に膜を作ってしまうことで、肌の呼吸を妨げる可能性があります。さらに、毛穴などを塞いでしまうことで美肌に大切な肌のターンオーバーが鈍くなり、くすみやシミなどを引き起こしかねません
スキンケアによって肌トラブルの原因を作り出していたら、元も子もありませんよね。

オイルは肌になじむものを!

鉱物油が肌に膜を作ってしまうとなると、「一体どのオイルが良いの?」という疑問に繋がります。そんな方にオススメしたいのは、栄養分も豊富な植物性オイルです。

植物性オイルの代表的なものには、ツバキ油、オリーブオイルなどがあげられます。これらの植物オイルは、栄養分も一緒に抽出されるためビタミンE などを含むものが多くなります。
また、植物オイルにはニンニクに含まれている有効成分のように人の肌となじみが良いものもあります。

スキンケア用品やコスメに配合されているオイルをチェックする、「肌への浸透性を考えた選び方」をオススメします。まずは、お持ちのスキンケア用品などをチェックしてみて下さいね。
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム