美容コラム Beauty column

諦めないで!生まれつきの乾燥肌も体質改善で潤い肌に!

キレイな肌に何より大切なのは潤い! 特に乾燥の気になる秋冬は念入りな保湿が欠かせません。「でも元々が乾燥肌ですぐに肌が乾燥してしまう…」そんな人も諦めてしまうのは早いですよ! 生まれつきの乾燥肌も体質改善でなおしていく事が出来るのです。

まずはスキンケアを見直してみましょう

乾燥肌の原因は肌のバリア機能が低下してしまっていること。肌のバリア機能は皮脂膜や細胞脂質と呼ばれる油と水が混ざり合った天然のクリームのようなもので出来ています。
このバリア機能が壊れてしまうと、肌の隙間から異物が入り込んでニキビの原因になったり、肌の水分の蒸発を早めて乾燥させてしまったりするのです。

■洗顔の水温を見直そう
洗顔にはぬるま湯が鉄則ですが、特に乾燥肌の人は温度に気をつけましょう。
肌に優しいお湯の温度は32℃です。それ以上だと必要な油分まで落としてしまいますし、それ以下だと余分な油分が落としきれません。
■化粧水の量を見直そう
乾燥肌改善のためには化粧水はとにかくたっぷりと! たくさん使っているつもりでも、実は足りていない人も多いのです。「そんなに量を使っても浸透しきらない…」という人は、5分ほど間隔をおきながら3回ぐらいにわけて保湿してあげると肌に浸透しやすくなりオススメです。

食べる保湿成分で内側から改善

乾燥肌の体質改善は外側からだけでなく、内側からも行うのがポイントです。
即効性があるわけではありませんが、体質改善は長い目で継続していく事が大切です。

■肌を健康に保つビタミンA
ビタミンAは肌の乾燥を防ぎ、新陳代謝を高める作用があります。
緑黄色野菜・うなぎ・レバーなどの肝臓・青魚に豊富に含まれています。

■肌の生まれ変わりを助けるビタミンB群
ビタミンB2やビタミンB6はお肌に欠かせない栄養素です。
肌細胞の新陳代謝を促しながら、肌を構成するたんぱく質を助ける作用があります。
大豆・乳製品・レバー・魚介類・緑黄色野菜に豊富に含まれています。
■女性ホルモン分泌と血行促進に働くビタミンE
ビタミンEは女性ホルモンの分泌を助け、肌を潤いのある健やかな状態に近づけてくれます。また、抗酸化作用や血行促進作用があるため肌のターンオーバーを助けてくれます。
魚・ナッツ類・植物油に豊富に含まれています。

このビタミン類に加え、オクラに含まれる「ヒアルロン酸」、こんにゃくに含まれる「セラミド」、牛肉や大豆に含まれる「コエンザイムQ10」など乾燥肌改善に役立つ美容成分は色々なものがあります。

部屋の湿度をコントロール

内側と外側からのケアで乾燥肌改善を心がけても、部屋の湿度がカラカラの状態では肌に負担をかけっぱなしにしているのも同じこと。湿度が下がると肌のバリア機能も低下し、乾燥肌が悪化するだけです。部屋の湿度は自分で上手にコントロールしましょう。

一番簡単なのが加湿器をおくことです。
真冬でも湿度50%以上を目指しましょう。オフィスなどでどうしても乾燥してしまう場合は、こまめに水分補給をして内側から潤いを補ってあげましょう。

この他、しっかり睡眠をとることやストレスをためないことなども乾燥肌の体質改善には重要なポイントです。規則正しい生活を心がけながら、特に上記の3点にはポイントをおいて実践してみて下さい。
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム