美容コラム Beauty column

オーガニックコスメのイメージは、あくまでもイメージ!

オーガニックコスメと聞くと、「肌に優しそう」「無添加だし、肌によさそう」というイメージを持たれるかと思います。
しかし、食べ物に関するオーガニックの認定をする第三機関はありますが、日本ではコスメに関してオーガニックの認定をする第三機関が存在しません。
そのため、それぞれのメーカーやブランドが、独自の基準や判断によってオーガニックコスメとうたっているのが現状になります
オーガニックコスメという名前の落とし穴にはまらないために、オーガニックコスメがどういうものか見ていきましょう。

オーガニックコスメの名前だけで選ぶ危険とは?

日本にオーガニックコスメに関する第三機関がない以上、オーガニックコスメという名前がそのコスメのイメージを高めることが出来てしまいす。例えば、大げさに言えばメーカーやブランドが、「一滴オーガニック成分が入っているから、オーガニックコスメと言おう」という基準を作ってしまえば、それだけでオーガニックコスメになってしまいます。
日本に比べて海外では、オーガニックコスメの認定団体が数多くありますが、団体によって基準が異なります。そのためオーガニックコスメの普遍的な基準は、世界的にみても存在していません。
また、オーガニックコスメは、化学合成成分が一切使われていないと思われがちですが、実際はいくつかの合成成分の配合が認められています。
そのため一般的には「有機栽培された植物を使って作り上げられたコスメ」と考えますが、それがきちんと定義付けされていないため、ある種、野放しの状態であることも事実です。

似たようなオーガニックコスメで、値段の違いが生まれるワケは?

オーガニックコスメは、ケミカルなものから作られたコスメよりも価格が高いイメージがありますよね? それは、やはり有機栽培された植物を使っていると思われる面があるためです。良質な素材を使うとなるとどうしても原材料の値段は高くなります。さらに、オーガニックコスメの場合は、化学成分を出来るだけ使用しないで作られているため、その分特殊な加工方法が必要となるために、さらに値段が高くなるという傾向があります。プラス農薬検査などを行うと、さらにコストがかかってしまいます。
 
安いオーガニックコスメは手間暇をかけない分、防腐剤として安価なパラベンなどが使用されている場合があります。パラベンはご存じの方もいるかと思いますが、2001年の3月まで、まれにアレルギーを起こす可能性がある成分として表示が義務づけられていたものになります。
オーガニックコスメとうたいながら、こういった化学合成成分が使われている現状があることを、みなさまご存じでしたでしょうか?

どのようにオーガニックコスメを選べばいいの?

オーガニックコスメという名前だけで「安全」と判断してしまう危険を、お分かりいただけたことと思います。
オーガニックコスメを選ぶ際は、植物由来の原料を使用しているため、大豆やイネ科、キク科などのアレルギーを持っている方は成分の確認が必要になります。また、製品中にどれくらいの割合でオーガニック成分が含まれているかも、チェックする必要があります。さらに、可能ならば販売者に農薬検査等の根拠を示してもらいましょう。
また、パラベンの他にも、合成界面活性剤としてラウリル酸硫酸ナトリウム、ポリソルベートなどは、長期間使用することで肌のバリア機能が破壊され乾燥肌になってしまうことがあります。さらに紫外線吸収剤として、オキシベンゾン、エチルヘキシルトリアゾンなどは、長期間使用することでシミの原因や接触性皮膚炎になることもあります。

コスメを選ぶ際に大切なことは、ネーミングに惑わされず成分表示を確認し、安全性を確かめることです。自分自身の肌を守るためにも、上記に書かせていただいた成分が入っていないか、ぜひ確認して下さいね!
バランスを崩した大人の肌に
関連コラム